弁護士法人ENISHI ご縁のある皆様に対し、適切な法的助言・解決を提供します。 弁護士法人ENISHI トップページへ

交通事故

交通事故の被害者になった場合、通常の場合、加害者の加入している損害保険に基づき、保険会社から被害者に対して、賠償金額の提示があり、被害者がその金額に納得した場合には、和解契約書を交わして、賠償金の支払いを受ける、という流れになります。

この、保険会社の提示額というのは、残念ながら、本来、裁判をすれば認められるであろう適正な金額を大きく下回るのが現状です。保険会社の立場になれば、できるだけ低い金額で済ませようとすることは、当然のことですので、言葉は悪いですが、その金額で応じてくれれば、「儲けもの」ということなのです。ただし、一般の方々にとって、この提示額が適正金額よりも低い金額であるかを判断することは困難ですので、本来であれば、もっと多くの金額の賠償を受けることができにもかかわらず、低い金額で和解契約を締結してしまったということが、しばしば見受けられます。

これに対して、被害者に、代理人として弁護士がついた場合、弁護士は、保険会社と交渉して、その金額を、適正な金額まで引き上げる、ということになります。保険会社も弁護士も、裁判になった場合には、このくらいの金額が認められるであろう、というような、相場観は持っていますので、裁判で認められるであろう適正金額から、あまりにかけ離れた金額を提示すれば、弁護士は裁判所に訴訟を提起するであろうことが、保険会社は分かっています。したがって、多くの場合は、保険会社は、弁護士との数回の交渉を経て、裁判で認められるであろう適正金額に、それなりに近い金額を提示してくることが多いです。このように、弁護士と保険会社の交渉は、短時間の交渉でまとまることが多く、裁判をするなどして、解決に長期間がかかることは多くはありません。

このように、弁護士が入ることで、適正な賠償金額を早期に受け取ることができるというメリットがありますので、交通事故に巻き込まれてしまった場合には、ご相談いただければ、早期の解決のためにお力になれることをお約束致します。

 

 

事務所

弁護士法人ENISHI

弁護士法人ENISHI

〒190-0012
東京都立川市曙町1-30-21
立川井上ビルB1-1
TEL 03-6833-8802/FAX 042-633-0742

弁護士法人ENISHI日本橋

弁護士法人ENISHI日本橋

〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-17-13
第2井上ビル407
TEL 03-6833-8803/FAX 03-6800-3161

ページのトップへ